ビットコインの保管にお金はかかるのか?

ビットコインの保管にお金はかかる?
Pocket

今、爆発的な人気の「ビットコイン」は、通貨として利用したり投機目的で売買する人が増えています。さて、どのような利用法であるとしてもビットコインを「保有」するということは「保管」も必要だということになります。

相応の価値を持つビットコイン、その保管に「お金=費用」はかかるのか?今回はそれを調べてみました。

ビットコインの保管方法

ビットコインを保管するためには「ウォレット」を必要とします。このウォレットには、さらに分けると4つの種類になります。

ビットコインを保管するためのウォレット

  • デスクトップウォレット
  • モバイルウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

お財布を購入するには代金が必要ですが、ビットコインを保管するウォレットはお金がかからないものと相応にかかるものがあります。

ウォレットを用意しなければ保管できない?

ビットコインは、取引所やオンライン上でウォレットサービスを提供しているところを利用して保管するという方法もあります。口座開設や設定も難しくありませんし、最も手軽に利用できる方法であると言えます。

問題なのは「オンライン上でビットコインを管理する」というポイントです。仮想通貨であるビットコインは、ハッキングによって悪意ある他人に奪われてしまうリスクがあります。

だからこそ、コストと手間をかけてでもウォレットで保管したいというのもあります。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、お使いのパソコンに専用のソフトウェアをインストールし、そこにビットコインを保管する方法です。無料でダウンロードできるものが多く、コストをかけずにビットコインを保管できます。

しかし、ハッキングによるビットコインの盗難・紛失のリスクはあります。デスクトップウォレットを導入しているパソコンがウイルスやハッキングの被害を受けてしまった場合、パソコンに保管しているビットコインにも影響が及ぶ可能性が高いです。

もし、大量のビットコインを長期に渡って保管したいのであれば、普段はあまり使わないパソコンにデスクトップウォレットをインストールすることをお勧めします。要するにインターネットにつながっていることがウイルスやハッキングの原因になりますので、オフライン状態にしておくことで金庫のような頑丈なセキュリティでビットコインを守ることができます。

もう一つのデメリットは「持ち運びに不便」ということです。ノートパソコンであればまだ持ち運びできないわけではありませんが、スマホのように手軽に持ち運ぶことはできません。まさに金庫のような使い方にふさわしいと言えます。

モバイルウォレット

モバイルウォレット

モバイルウォレットは、スマートフォンに専用のアプリをインストールして利用するタイプのウォレットです。これも無料でダウンロードできるものが多く、しかも持ち運びにも便利なので普段使いのウォレットとして最適です。

しかし、メインのスマホの場合だと普段からオフライン状態にしておくことが難しいため、セキュリティ面に少し不安が残ります。念のため、必要最低限だけビットコインを移しておく事をおすすめいたします。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレット ビットコイン

ハードウェアウォレットは、モバイルウォレットのように持ち運びできるウォレットですが、大きな違いは「専用端末である」ということです。スマホにアプリをダウンロードするのではなく、最初からビットコインのウォレットとしての機能を持った端末を、それ専用で運用するという利用法となります。

スマホを使ったモバイルウォレットとの違いは他にも「通常はオフライン状態で利用する」ということです。ビットコインの移動はパソコンに接続して行いますが、それ以外のときはインターネットと接続しません。

そのため、ネットワークを介してのウイルスやハッキングの脅威にさらされません。ただし、これには少なからずコストがかかります。

端末の購入費用は1万円前後かかります。そのためビットコイン初心者、あるいは少額取引が中心で店舗での支払いに使う予定がない人だと利用価値が薄いかもしれません。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、ビットコインの利用に必要な「ビットコインアドレス」と「秘密鍵」を紙に印刷する方法です。紙媒体となると逆に不安に感じるかもしれませんが、紙というネットワーク外の媒体である紙はハッキングの可能性がゼロです。コストがほとんどかからず、しかもセキュリティ上のリスクを考慮しなくて良いため手軽かつ便利です。

しかし、いかんせん「保存媒体が紙である」という点は不安を覚えてしまいます。紙なので火や水に弱く、しかも印刷したインクの劣化も問題となります。あまり長期の保存には向かないのかもしれません。

以上「ビットコインの保管にお金はかかるのか?」のまとめでした。

ブロックチェーンとは? ブロックチェーンとは? ビットコインには「巨大な台帳」があって全てのコインの取引が記録されています。これをブロックといいます。このブロックを1つのチェーンとして記録することで全ての履歴を把握しています。 この記事を読む マイニングってなに?誰でも出来る? マイニングってなに?誰でも出来る? ビットコインについて調べてみると「マイニング」という言葉を目にする機会も多いと思います。聞き慣れない単語だと思 […] この記事を読む ビットコインの取引所は何個ある? ビットコインの登録業者の数 ビットコインは、「取引所」で売買できます。取引所と言っても店舗があるわけではなく、ネット上で運営されているサイ […] この記事を読む