ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」とは何者?

Pocket

ビットコインは、一体どこから表れたのでしょうか。ビットコインなどの仮想通貨を利用したいと思うのであれば、その起源というものはやはり気になるところだと思います。

実は、それにはある人物の存在が必ずと言ってよいほど取り沙汰されるのです。そこで今回は、ビットコインや全ての仮想通貨の生みの親と言っても過言ではない「サトシ・ナカモト」なる人物について解説します。

サトシ・ナカモトについて

名前の響きからして日本人であると推測されますが、その正体は不明です。

しかし、彼(正体は不明ですが、おそらく男性だろうということで便宜上「彼」という言葉を使います)が行った功績は非常に大きなものなのです。

サトシ・ナカモトの功績は、ビットコインに関する論文を投稿したことに始まります。2008年、彼は「metzdowd.com」内の暗号理論に関するメーリングリストに、仮想通貨の根本的な技術であるブロックチェーンのアイデアなどについてまとめた論文を投稿しているのですが、その論文に記載されていたプロフィールにサトシ・ナカモトの名前が記載されていました。

ビットコインの開発にも関与

彼は論文発表後、それだけに留まらず行動を開始することになります。メーリングリストを通じて興味を持った開発者たちと一緒に、ビットコインのプロジェクトを作り上げます。そして翌年2009年にはビットコインのソフトウェアを完成させ、これをネット上に発表します。

彼は、ビットコインの最初の採掘を行った人物としても知られています。その後もビットコインソフトウェアのリリースに寄与し続けたのですが、ソフトウェアやプロジェクトの管理を他のメンバーに引き渡していきます。結果、2010年末にはビットコイン開発の中心から離れ、ネット上からその姿を消すに至ります。

100万BTCを持つ男?

ビットコイン開発の中心からは離れた彼ですが、ビットコインへの関係はいまだ根強いとされています。その理由として、彼が100万BTCを保有しているという推測がなされているのです。

これは2018年1月時点でのビットコインそう発行枚数の6%に相当する量であり、仮にこれを全て日本円に換金した場合は1兆円を超える金額となります(1BTCが120万円前後の場合)。

実際にはそれだけの量が一度に売却されたらビットコインの価値は大きく下落するので額面通りの資産価値にはならないでしょうが、1人で全体の6%ものビットコインを保有しているということは影響力が大きいということに他なりません。

サトシ・ナカモトの正体は?

名前の響きからすると、日本人であるように思われます。一部、漢字表記される場合においては「中本哲史」という字が使われるのですが、果たして彼は本当に日本人なのでしょうか?

サトシ・ナカモトが投稿した論文の特徴の1つに「日本語が使われていない」というものがあります。もし、サトシ・ナカモトが日本人であれば、かなり不自然であるということになります。

もちろん世界的に公表する論文であれば英語メインであるほうが自然ではありますが、全く日本語が使われてる様子がないというのは不自然であることには変わりません。

個人ではなくグループ?

そもそも、サトシ・ナカモトという存在は「個人」ではなく「グループ」ではないかという考え方もあります。論文の内容は画期的であり、個人が考えたにしては高レベルな内容であるという評価も見受けられます。

また、論文発表後のソフトウェア開発についても個人ではなく複数人によって行われていることが判っています。このことからもサトシ・ナカモトは個人名ではなく、グループ名の代わりとして名乗っていたのではないかと言われているのです。

最も有力な説は?

さまざまな説が飛び交う中、世界中で多くの人たちがサトシ・ナカモトの正体を追い続けていました。推測とそれに対する否定の中、ついに「自分がサトシ・ナカモトである」と表明した個人が表れました。

2016年5月2日、クレイグ・スティーブン・ライト氏が報道機関に対して自分こそがサトシ・ナカモトであると名乗り出たのです。その証拠として、サトシ・ナカモト本人しか知らないはずの暗号キーを使用し電子署名をしました。

その他にも、彼がサトシ・ナカモト本人であるという説が濃厚であるという事柄が幾つかあり、ついにサトシ・ナカモトの正体が明らかになったとされました。

しかし、現状において彼が本当にサトシ・ナカモト氏本人であるという確たる証拠はないという意見も少なくありません。その声に対してクレイグ・スティーブン・ライト氏はブログで謝罪をし、それ以降のメディア露出を拒否しています。

今までの説の中では最もサトシ・ナカモト本人である可能性が高い人物であるとされていますが、最終的にこの説も明確な確証を得たとは言い難い結果となっています

。ひょっとしたら今後、本物のサトシ・ナカモトがメディアに現れる可能性も否定できませんが、逆に永遠にその正体を明かさないままである可能性も十分に考えられます。

ブロックチェーンとは? ブロックチェーンとは? ビットコインには「巨大な台帳」があって全てのコインの取引が記録されています。これをブロックといいます。このブロックを1つのチェーンとして記録することで全ての履歴を把握しています。 この記事を読む マイニングってなに?誰でも出来る? マイニングってなに?誰でも出来る? ビットコインについて調べてみると「マイニング」という言葉を目にする機会も多いと思います。聞き慣れない単語だと思 […] この記事を読む ビットコインの取引所は何個ある? ビットコインの登録業者の数 ビットコインは、「取引所」で売買できます。取引所と言っても店舗があるわけではなく、ネット上で運営されているサイ […] この記事を読む